読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポピュリズム

最近は新聞や各種メディアを見るととアメリカのトランプやフランスのルペンなど ポピュリストに対する批判を必ず目にする。そしてその批判はポピュリストだけでなく それを支持する人達にも行っている。彼らを直接は批判してはいないが、遠回しに馬鹿 にした…

ヨーロッパとアメリカについて

自分は昔アメリカに3年間住んだことがあり、今はヨーロッパに住んでいるわけなのだが、両者は色々な面で異なっている。 まずは言語。アメリカ人は基本的に英語以外話せない。高校や大学などで外国語を習うらしいがまず彼らがそれを使っているのを見たことが…

旅行について。

1. 最近自分は旅行するときにバッグなどを持ち歩かずに手ぶらで旅行する。 なんといってもそっちのほうが楽だし財布などを盗まれる危険がとても低い。 しかしなんといっても、「地元目線で旅行できる」のが自分の中で最大の利点である。 リュックやバッグ…

NHKドラマ 東京裁判を観て思ったこと。

ついこないだ、NHKで放映していたドラマ「東京裁判」をYoutubeで観た。 内容は裁判に出た11人の判事の裁判を巡る対立・葛藤などを描いたものであった。 さすがはNHKとだけあって、クオリティはとても高かった。バカみたいにドラマ性や下手な演劇力を求める民…

内的思考と外的思考

冬休みももうすぐ終わり、明後日から授業が始まる。最近は旅行したり本を読んだりと自由気ままに活動しているが、こんな自由な時間も終わってしまうと思うと少し悲しい。けれども、新しい友人を作れるのは嬉しい事なので楽しみにしてよう。 さて、今回は自分…

UN SDGsに対する胡散臭さ。

ウィーンに旅行した時、案外見るものが少なかった&観光に飽きたので国連センターに見学に訪れた。ここはNYに本部がある国連のヨーロッパ支部のようなもので、IAEAの本部があることからもわかるとおり、テクニカルな面に特化している。その意味で、総会や安…

印象派との出会い。(後編)

さてオルセー美術館の作品に魅せられた自分であるが、前述のように印象派の作品と日本美術との共通点(「自然描写」と「写実性(完全性)」)がその主な理由だと自分の中で考えた。今回はこの内容をより掘り下げて話そう。 一旦絵画から離れて、今度は東西の…

印象派との出会い。(前編)

今月の12日から16日にかけてフランスのパリに友人と旅行した。友人の一人は日本人(先輩)、もう一人はパリ近くに住むフランス人であった。フランス人の彼のおかげでかなりスムーズに観光はできた。話を聞く限りフランス、特にパリはあまり治安の良い場所と…

留学生活で一番悔しい日。

今ある授業でグループワークでレポートとプレゼンを作っているのだが、このグループワークの中でちょうど留学生活史上最大に悔しい体験をした。 まず、グループワークとはいえど自分以外の2人は二人ともマネジメント学科の修士でかなり優秀である。それに対…

トランプ大統領選出人に思う事。

アメリカで次期大統領がトランプ氏に決まってから約1か月がたった。 約1か月前、自分はモロッコ旅行の最中に選挙の結果をfacebookで知った。まさかとは思っていたが、彼が次期大統領になってしまったのだ。COP22にしろ偶然会ったおじさんからクストーのこと…

ブログ開設

ブログ始めました。 よろしくお願いします。