UN SDGsに対する胡散臭さ。

 

ウィーンに旅行した時、案外見るものが少なかった&観光に飽きたので国連センターに見学に訪れた。ここはNYに本部がある国連のヨーロッパ支部のようなもので、IAEAの本部があることからもわかるとおり、テクニカルな面に特化している。その意味で、総会や安保理などのザ・国連的なイベントが行われるNY,主に人道支援に特化したジュネーブとは一線を課している。

さてこの国連センターの内部で無料ツアーをやっていると聞き、早速ガイド(多分国連職員。話した感じ頭良かった)に案内されてセンター内を見学した。ツアーはいつも1回に15-20人くらい人がいるみたいだけど今回は運よく自分とNYから来たおばちゃん1人の2人だけだった。

さすがテクニカルな面に特化しているだけあって、世界中の色んな統計やデータベースを管理するシステムが充実していた。しかもIAEAの総会の議場も見れたのでなかなか充実したツアーであった。

ツアーの最後に、国連が最近出した17のSDGs(持続可能な発展のための目標)が壁に貼ってあったので、17全てに軽く目を通した。そしてふと疑問が生まれた。

「これいくらなんでも欲張りすぎじゃない??」

そう思ったのは、SDGsが①貧困の撲滅 ②不平等の改善 ③平和 ④持続可能な都市づくり ⑤ジェンダーの平等化 ⑥生活の質の向上 などあまりに多すぎる目標を掲げているからである。人権、貧困、環境、経済、平和、生活の質... 正直これら全てを解決しよう!というのはどこか傲慢さを感じてしまう、、、

自分だってこれらすべてが実現してほしいと心から思う。しかし、現実はそんなにうまくいくものなのだろうか。そもそも全ての国はそんなinterestを持っているのだろうか。

こういうことをガイドに聞いたら「じゃあ逆にこれらが実現しないという先行事例はあるのか?」と言われあっという間に論破されてしまったが、それもそれで苦しい反論だ。きっとこの人も心のどこかでこれに疑問を抱いているに違いない。そんなことまで考えてしまった。

アメリカでトランプが大統領に就任し、早速とんでもない大統領令を下して世界が混乱している。最近の新聞はトランプのニュースでいっぱいだ。彼のような「現実主義者」的な考えが世界に蔓延して、他国と協力し合いSDGsを達成する気力をなくす国が生まれることがないよう切に願っている。