読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポピュリズム

最近は新聞や各種メディアを見るととアメリカのトランプやフランスのルペンなど

ポピュリストに対する批判を必ず目にする。そしてその批判はポピュリストだけでなく

それを支持する人達にも行っている。彼らを直接は批判してはいないが、遠回しに馬鹿

にしたり文句を言っている。

またある授業で「教育水準を向上させればポピュリズムはなくなるのでは」という発言

をしている人がいた。なんとももっともらしい言葉だけど、本当に問題はそんなに簡単

なのか、とつい疑問に思ってしまう。そしてこういうことにいうひとに限って現実を見

れていない気がする。今回はポピュリズムについて思ったことをいくつか書いていく。

 

①ポピュリズムを支持する人達への批判

どの新聞もポピュリズムの支持者はおおよそ「ブルーカラー、高卒、低所得、保守派

、社会のメインストリーム」とセグメント化されている。上述の通りメディアは遠回し

にこういう人たちへの批判を繰り返す。だが、本当に彼らは悪いのだろうか?中国の

WTO加盟後に多くの2次産業の仕事が中国にアウトソーシングされて結果的に仕

事が奪われた彼らは社会のセーフティネットがほぼない状態で放り出される。そしてローンまみれの生活を送らざるを得ない。こんな状況は自分でも嫌だ。そうかと思い大統領選の候補を見ると、共和党の候補者は特にだが多くの候補者はかれらを助ける政策について言及しない。興味があるのは外交問題や世界経済の問題だけ。これじゃどんな人でも頭に来る。低学歴とかそういうのは関係なく。そこで2人の救世主が現れる。一人は極左でもう一人は極右。主義は違えど2人とも自分たちの生活の保障、雇用回復を明言してくれる。これだったらどんな人も2人を好きになるに違いない。この思考・心理は学歴や仕事に関係なくどんな人でも持つはずだ。

本当に大事なのは、こういった思考を持つことを防ぐ「教育」の改善などではなくこういった状態に人々が陥らないようにする政策・制度の設計ではないのか。

現にこないだのオランダ選挙では予想外にもポピュリスト政党自由党は躍進しなかった。オランダは非正規雇用と正規雇用の立場が極めて平等で、失業してもセーフティネットがしっかりしていることで有名だ。国の規模から考えて、アメリカよりもvolatilityが断然大きいにも関わらずポピュリストは躍進しなかった。このことは上記の自分の言説の根拠だ。

スイスも同じだ。近年はほかのヨーロッパの国々と同様に極右政党が躍進しているがその勢いは大したことがない。その主な理由はスイスの低い失業率・強いセーフティーネットであろう。

今回は経済的な側面から分析したが、移民問題に関しても同じことが言える。

移民の増加に対して国を挙げてこれらの対策をした国とそうでない国とでは選挙の結果が異なる。

social inclusionという言葉が近年よく使われるが、社会から置き去りにされた人をなくすのがまず大事だと思う。

ちなみにヒトラーが躍進した1930-40年代のドイツの教育水準は当時のヨーロッパの中でも有数の高さであったらしい。いかに教育がポピュリズムの阻止に対して無力かがはっきりわかる。

②支持者のセグメント化

上記の通り、支持者は大体社会の下層階級にいる人々だと考えられているし、現にそうであると思う。一方で、社会の上流階級(高所得、高学歴)の中にもポピュリストの支持者もしは対抗勢力の不支持者は一定数いる。

自分のフランス人の友達で私立の高いビジネススクールに通っている人がいる。彼は政治経済に関する知識が豊富だ。当然マクロン支持者かなと思ったが、そうではなかった。かれはルペン支持者であった。わけを聞くと、マクロンはマニュフェストが不明瞭で非現実的であるのに対しルペンははっきりしている。しかもどうせルペンが大統領になっても移民追放などはまず議会の反対で成立しないから大した悪い影響は起きないとのこと。なるほど理にかなっている。こういう人はフランスにすくなからずいるに違いない。また、パリの東大シアンスポにルペンを支持する学生団体があるのは有名だ。

アメリカでもヒラリーが負けたのは反トランプだけどヒラリーは支持しない人が多かったことは有名だ。彼らの多くは4年後の選挙でサンダース氏を大統領にするキャンペーンを行っている。非常に懸命な考えであると思う。

このように支持者は一概に社会の下流階層だと決めつけるのは間違っている。

③批判の矛盾

極左と極右の内、批判されがちなのは後者だ。トランプにルペン、ウィルダースなど。

でも非現実的かつ扇動的なことを言い支持者を獲得するのは両者ともかわらない。どちらも立派なポピュリストだ。なのに批判は常に後者に向けられる。これは矛盾している。逆に極左は英雄扱いされることが多い。こういう批判をする人は自身が客観的になろうとするあまりいつの間にか主観的になっていることに気づいていないのかもしれない。ちなみに同様にポピュリストであったルーズベルトとレーガンはともに今でも熱狂的に慕われている。

論理はぐちゃぐちゃだが、言いたいことは主にこれら3つの事。

これからも世間一般で「所与」と思われていることを疑い、考えそして批判していきたい。