各国の英語の訛りと国民性

ドラフト

1こっちで会う外国人の多くは英語は外国語。母国語の後に習う。そうなると当然同じ英語でも母国語のアクセントや話のスタイルの影響が強く残る。それは彼らの英語を聞いてすぐにわかる。

2そんな彼らの各国のアクセントがあり話のスタイルが独特な英語から各国それぞれの言語の特徴が分かる。

3フラ語)とにかく文章が長い。必要量以上の文章をしゃべってくれる。内容がクリアにわかってよいが、一方で聞きながら「それ知ってるよ。」となる事が多い。それと話し方はとても理屈的な反面、結局何が言いたいの?と伺うことがあるほど何を強調しているのかわからないときがある。もちろんこれは皆が皆ではないが、かなりのケースでこれが当てはまる。けど個人的にフラ語の流暢な発音は好きなので別に問題ない。

4ドイツ語)一つ一つのフレーズを強調する。とても分かりやすい。ただし発音は固い。ドイツ語に関しては正直その発音に物凄い抵抗がある。はたから聞いてるとシャフシャフシュタシュタヤーとしか聞こえない。正直習いたくない言語。ただ話の構成はとても簡潔なので、英語で話しているときは問題ない。

5シンガポール)早い。さらにたぶん華僑の影響であろう独特の訛りがあり、遠くで聞くと中国語に聞こえる。シンガポール英語の特徴はその速さだと思う。とにかく速い。ビジネスや教育などあらゆる面で競争が激しい国柄を表しているように思える。ちなみにシンガポールの場合は公用語が英語。

6イタリア語)意外と早くない。イタリア語のスピードは全体的に速いイメージがあったが、そうでもなかった。むしろ -tion の音など強調されていてゆっくりになる事が多い。強調という面ではフランス語よりドイツ語に近い。しかし話のスタイルはフラ語と同じであまり簡潔でない。

こんな感じで各国の英語からその国の言語の特徴や国の特徴などが読み取れる。面白い。

ドラフト

1こっちで会う外国人の多くは英語は外国語。母国語の後に習う。そうなると当然同じ英語でも母国語のアクセントや話のスタイルの影響が強く残る。それは彼らの英語を聞いてすぐにわかる。

2そんな彼らの各国のアクセントがあり話のスタイルが独特な英語から各国それぞれの言語の特徴が分かる。

3フラ語)とにかく文章が長い。必要量以上の文章をしゃべってくれる。内容がクリアにわかってよいが、一方で聞きながら「それ知ってるよ。」となる事が多い。それと話し方はとても理屈的な反面、結局何が言いたいの?と伺うことがあるほど何を強調しているのかわからないときがある。もちろんこれは皆が皆ではないが、かなりのケースでこれが当てはまる。けど個人的にフラ語の流暢な発音は好きなので別に問題ない。

4ドイツ語)一つ一つのフレーズを強調する。とても分かりやすい。ただし発音は固い。ドイツ語に関しては正直その発音に物凄い抵抗がある。はたから聞いてるとシャフシャフシュタシュタヤーとしか聞こえない。正直習いたくない言語。ただ話の構成はとても簡潔なので、英語で話しているときは問題ない。

5シンガポール)早い。さらにたぶん華僑の影響であろう独特の訛りがあり、遠くで聞くと中国語に聞こえる。シンガポール英語の特徴はその速さだと思う。とにかく速い。ビジネスや教育などあらゆる面で競争が激しい国柄を表しているように思える。ちなみにシンガポールの場合は公用語が英語。

6イタリア語)意外と早くない。イタリア語のスピードは全体的に速いイメージがあったが、そうでもなかった。むしろ -tion の音など強調されていてゆっくりになる事が多い。強調という面ではフランス語よりドイツ語に近い。しかし話のスタイルはフラ語と同じであまり簡潔でない。

こんな感じで各国の英語からその国の言語の特徴や国の特徴などが読み取れる。面白い。